人気ブログランキング | 話題のタグを見る

生徒さんの作品をご紹介します。

1点目、イブニングドレス↓
生徒さんの作品をご紹介します。_c0319009_13495570.jpeg
シーチングで製作しています。
(ボディーに着せるとピチピチですね💦)
シーチングでもなんか素敵ですね^^。
同席している他の生徒さんも「素敵〜〜〜」
ですって。
イブニングドレスってなかなか目にすることないですからね〜〜〜。
大学で楽器を専攻している娘さんのためにイブニングドレスを作りたいけれど、
色々なデザインのドレスを作ってみたいし、娘さんがどのデザインを気にいるかもわからないし。。。って事でとりあえずシーチングで1着作ってみました。
白のサテン(サテンでなくても良いけど)で作ったらウェディングドレスですね^^。
素敵♪

2点目↓
生徒さんの作品をご紹介します。_c0319009_13565804.jpeg
オーバーブラウスと言うか・・・
ワンピースというか・・・・
フレンチスリーブのシャツワンピースですね。
ジャカード織の生地にプリントが施されているとっても素敵な生地♪
高そ〜〜〜な生地ですがアウトレットで安く購入した生地です。
やはり良いお品ですからちゃんと仕立てると素敵感倍増ですね。
涼しげだし、上品だし、私の大好きな「素敵な奥様感」出てる^^。
縫製においては大きな失敗もありましたが、なんとかリカバリーして完成させることができました。
初めてのテクニックいっぱい出てきたけど、その分学びも多かったと思います。
もう1着作って復習すると定着率も上がると思います。

3着目、薄手のブラウス
生徒さんの作品をご紹介します。_c0319009_14042410.jpeg
こんな生地↓
生徒さんの作品をご紹介します。_c0319009_14045695.jpeg
先週あたり近所の手芸店でも入荷しているのを見ました。
同じ色はあったか分からないけど・・・
これもまた夏に涼しげな1着。
実際涼しいかどうかはさておき、夏の黒って素敵ですよね〜〜〜
王道だけど白いスリムなパンツに合わせたらカッコ良さそうね。

さりげない1着ですが、ここまでさりげなく(ちゃんとした)仕上げるにはそれなりに技術が必要です。
「普通」なんだけどその「普通」に仕上げるのが難しいとでも言いましょうか・・・
おそらくプロ以外は手作りした服って見抜けないでしょうね〜〜〜。
縫製もこれくらいできる様になると楽しいよね^^。
だんだんクローゼットの中、自作の服だらけになってくるでしょう。

以上、生徒さんの作品でした。



ブログ村のバナー、ご興味のあるカテゴリー一つで結構です。
一日一回クリックしていただけるとうれしいです053.gif↓↓↓↓↓
(ランキングに飛びます。)











教室への入会ご希望の方はメールにてお願いいたします。

atelier-k☆outlook.jp
↑の☆を@に変更して送信して下さい。
返信は通常3日以内にしております。返信がない場合は迷惑メールフォルダーをご確認の上、再度メールをいただくか、
ブログのコメント欄にお願いいたします。

ゆる~~~く更新中のインスタはこちら→

#千葉市洋裁教室 #パターンメーキング #洋裁 #洋裁教室  #洋裁教室アトリエK #アトリエK #型紙 #手作り





# by kaorunoatorie | 2024-05-10 14:16 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

娘さんのコンサートに着て行くんですって。
大学生の娘さんが楽器をやっているそうです。
製図も頑張ったブラウスとスカート(生徒作品)_c0319009_17115758.jpeg
いいよねーーー。
素敵なご婦人って感じの仕上がりですね^^

ワンピースに見えますがセットアップです。
ブラウスは↓
製図も頑張ったブラウスとスカート(生徒作品)_c0319009_17114464.jpeg
袖はバルーン↓
製図も頑張ったブラウスとスカート(生徒作品)_c0319009_17115052.jpeg
元々は洋裁本の↓これ(コピー)
製図も頑張ったブラウスとスカート(生徒作品)_c0319009_17113759.jpeg
可愛いからこの形。って生徒さんの希望があったのですが・・・

いつもオーバーサイズのとってもカジュアルな服装の生徒さんでしたので、まずは最適なサイズの選び方から説明。
サイズが決定したら、リアルな服として無理がないかをよく考える。
アラフィフ以降はサイズの変化はもちろんの事、着脱のしやすさなんかが結構重要になってきます。
私の方で50代でも無理なく着れるように少し変更を加えることを提案しました。
脱ぎ着が困難な服っていずれ着なくなってしまうのでね。

製図も頑張ったブラウスとスカート(生徒作品)_c0319009_17113074.jpeg
↑どんな風に変更して行くのかを紙に書いて説明しているところ。

スカートはこれまた「こんな感じのスカート」と、いう生徒さんの希望があったのですが、適当なパターンが見当たらなかったので
私が4分の1で製図をし、それを囲み製図にし実物サイズで生徒さんが引く。
と、いう方法にしました。

4分の1で製図するために展開したり、囲み製図しているところ↓
製図も頑張ったブラウスとスカート(生徒作品)_c0319009_17112446.jpeg
縫製はもちろんの事・製図においても製図の方法やら服としての製図の作業とか色々と学びは多かったと思います。

生地を変えてもう1着製作予定で、生地違いの方は娘さんに作るそうです。

楽しみですね。
今回製作のセットアップも沢山きて欲しいですね。
季節もちょうど良くなってきましたし♪


ブログ村のバナー、ご興味のあるカテゴリー一つで結構です。
一日一回クリックしていただけるとうれしいです053.gif↓↓↓↓↓
(ランキングに飛びます。)











教室への入会ご希望の方はメールにてお願いいたします。

atelier-k☆outlook.jp
↑の☆を@に変更して送信して下さい。
返信は通常3日以内にしております。返信がない場合は迷惑メールフォルダーをご確認の上、再度メールをいただくか、
ブログのコメント欄にお願いいたします。

ゆる~~~く更新中のインスタはこちら→

#千葉市洋裁教室 #パターンメーキング #洋裁 #洋裁教室  #洋裁教室アトリエK #アトリエK #型紙 #手作り





# by kaorunoatorie | 2024-04-09 17:41 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

パターンも学んでいくカリキュラムコースの1作目はこんなボックスシルエットのノースリーブブラウスです。↓
ノースリーブを毛嫌いしないで欲しいな〜〜〜_c0319009_14480592.jpeg
(ある生徒さんの完成品)
この様なボックスシルエットにするには女性の場合はダーツが必要です。
女性は胸がありますからね。
このダーツをどこに、どんな風に、どれだけ入れるか
が重要で人それぞれの体型に合わせることが大事なわけですが、
当教室のカリキュラムコースは原型作りで個々の体型に補正しています。
この補正済の原型を使って作る1着めが↑の写真です。

原型は体型に合ったように補正済みではありますが、
服のパターンを引いたらそれもシーチングで組んで補正していきます。
(ここから先は写真1枚めの作者とは別の生徒さんです)
ノースリーブを毛嫌いしないで欲しいな〜〜〜_c0319009_14475854.jpeg
俗にいう「仮縫」です。
この方はご自身では「イカリ肩」と、思っていいた様ですが実際には「ナデ肩」
え、逆。って話なんですが、解説すると
肩周辺で違和感があるし、どこか突っ張る感じがする→イカリ肩
って発想だと思います。

後ろ姿↓
ノースリーブを毛嫌いしないで欲しいな〜〜〜_c0319009_14475136.jpeg
ノースリーブにありがちなアームホールから下着が丸見え。なんて事はありません。
もし、あるならばそこを補正していきます。

座った時の状態もチェック↓
ノースリーブを毛嫌いしないで欲しいな〜〜〜_c0319009_14482091.jpeg
「スリットがなんで必要なのかわかった〜〜〜」
と、生徒さん。
そう、美しく着るためには立った姿勢のみチェックしただけではダメなのよね^^。

「ノースリーブなんて絶対着ないからな・・・」
って生徒さん多いのですが、
体型に合わせたノースリーブって想像しているよりも素敵なんですよね。
今回のこちらの生徒さんも、「え、いいじゃん。これなら着れるわ」
ですって。
日本人の中高年ってノースリーブを毛嫌いする傾向にありますが、ちゃんと体型に合った服ならばノースリーブでも腕が太くても大丈夫だと私は思います。
教室入会後にすぐに作ってもらうタックアンドギャザースカートと合わせて着ると、それはそれは素敵なんですよ^^
共布で作ればちょっとかしこまったお食事の際にも十分着ていけます。

中高年でも腕が太くても暑い季節に颯爽とノースリーブブラウス着ていたら素敵だと思うな〜〜〜
それには体型に合っている。って事が絶対条件だと思うけどどうでしょ?


ブログ村のバナー、ご興味のあるカテゴリー一つで結構です。
一日一回クリックしていただけるとうれしいです053.gif↓↓↓↓↓
(ランキングに飛びます。)











教室への入会ご希望の方はメールにてお願いいたします。

atelier-k☆outlook.jp
↑の☆を@に変更して送信して下さい。
返信は通常3日以内にしております。返信がない場合は迷惑メールフォルダーをご確認の上、再度メールをいただくか、
ブログのコメント欄にお願いいたします。

ゆる~~~く更新中のインスタはこちら→

#千葉市洋裁教室 #パターンメーキング #洋裁 #洋裁教室  #洋裁教室アトリエK #アトリエK #型紙 #手作り





# by kaorunoatorie | 2024-04-04 15:21 | カリキュラムコース | Comments(0)

なんだかもう恒例行事的に定期的に家族のパジャマを製作しています。

今回は娘の冬のパジャマを更新しました。

以前作ったパジャマを毎日見ているわけですが・・・
冬の寒い時期に着る割には首が開いているよね・・・・
と、いつも思っていました。

ですから、その辺のパターンの修正を加えてから製作します。

平面で修正を加えたら、シーチングで確認。↓
パジャマ製作 恒例行事?_c0319009_13421200.jpeg
↑このシーチング、色々な線が引かれていますが、おそらくは立体裁断のクラスで使用したシーチングを再利用しています。
ま、自宅用ですし、指導に使用する物ではありませんので私自身が確認できれば良いのです。

と、言う事で作ったお品がこちら↓
パジャマ製作 恒例行事?_c0319009_13441140.jpeg
シーチングも節約していますが、実物の生地も節約しておりまして、
110センチ幅の生地3メートルで製作しています。
だ・か・ら
パンツにはぎめがあります。
ま、部屋着なんっでオッケーっしょ。
綿のネルの生地ってお高いんですよ。
でも快適だから仕方ない。

2枚必要との事だったので生地違いで2着作りました。
3年くらい持つかな〜〜〜?

パジャマは洋裁初心者さんの製作アイテムとしてはおすすめです。
服の基本的な構造を縫製しながら知っていくには良いアイテムです。
シャツとパンツの組み合わせってのもあるし。
綿のお好きな柄の生地で製作して見ると良いですよね。
ちなみに、パジャマではなく普段着の着古した物をパジャマがわりに着ている人は
パジャマの機能性とか心地良さを認識する事にもなると思います。

私はパジャマが大好きなのでこうしてせっせと家族の分も生地を購入して製作しています。
綿100%の生地で作られているパジャマってそれなりのお値段するし、傷みも早いので必然的に恒例行事的に誰かの(家族の)パジャマを作ることになります。

おかげで縫製早くなりました。

ただ作るだけでは飽き足らず、今回は縫製のプロの動画なんかを参考にして新しい縫い方を試したり、自分に課題を出しながらの縫製でした。
真面目か!



ブログ村のバナー、ご興味のあるカテゴリー一つで結構です。
一日一回クリックしていただけるとうれしいです053.gif↓↓↓↓↓
(ランキングに飛びます。)











教室への入会ご希望の方はメールにてお願いいたします。

atelier-k☆outlook.jp
↑の☆を@に変更して送信して下さい。
返信は通常3日以内にしております。返信がない場合は迷惑メールフォルダーをご確認の上、再度メールをいただくか、
ブログのコメント欄にお願いいたします。

ゆる~~~く更新中のインスタはこちら→

#千葉市洋裁教室 #パターンメーキング #洋裁 #洋裁教室  #洋裁教室アトリエK #アトリエK #型紙 #手作り





# by kaorunoatorie | 2024-03-26 14:04 | 洋裁 その他 | Comments(0)

リブの寸法

生徒さんがお召しのトレーナー。
どこかで見た事がある柄だったので作ったの?って聞いたら
正解!

教室で自分の体型に合った原型ができたから本を見てトレーナーのパターンを自分で引いて生地をネットで購入して作ったんですって。
いいね👍いいね😊

仕上がりはこんなん↓
リブの寸法_c0319009_10543643.jpeg
パンダ柄🐼かわいいよね🩷
自分原型で作っているから肩傾斜が合っていて着心地も良いらしい・・・
(この方なで肩さん)

で・も

首のリブ部分がボトルネックになっているけれどそれは意図的なのかな?
ボトルネックをデザインしたのならば問題はありません。

それと袖口↓
リブの寸法_c0319009_10544448.jpeg
えーーーっと、リブを使用する意味が無いくらいブカブカ。
これね、主婦的には絶対NGです。
なぜって腕まくりしてもズルズル落ちてくるから。
トレーナーってその辺の機能性が高いから良いのに・・・・
これではねえ・・・・

生徒さんもこの2点はわかっていたようです。
はい、そんな時は私の出番です。

生徒さんは見頃のパターンは本を見てなんとなく引けたらしい。
うんいいね👍。
問題は襟と袖口のリブの部分で、形状はわかるんだけど寸法がわからなくて
ネット上を随分と調べたらしい。
で、やっとこさ辿り着いたのが、「見頃の付け寸法の80%」。
だからその通りに作ったらその結果が写真の状態です。
襟はそんなつもりはないのに立ち上がってしまって結果ボトルネック。
袖口はベロベロ。
見頃の付け寸法の80%は標準的なデザインの場合は多分問題ないでしょう。
しかし、全てこれで良いわけではありません。

そこで図に書いてリブの寸法の考え方を説明↓
リブの寸法_c0319009_11070122.jpeg
結果的に80%になる場合もあるけれど、デザインやリブの幅が変われば80%ではなくなります。
初心者さんに多くを説明しても理解できないから便宜上80%と説明することもあるでしょう。
しかし、原理がわからなければ応用はできません。
リブの部分は固定値ではデザインの幅に対応することもできません。

ってことで、しっかり原理原則から説明したから今後は迷わず製図できることでしょう。

生徒さんがお家で作ってきた作品をディスっているような投稿になってしまいましたが・・・
ディスるのが目的ではありません。
生徒さんがより良い作品をご自身で作れるようになって欲しいのでこの辺は分かれば指摘し、指導します。

生徒さんも喜んでました♪
あ、そっかーー。そうなんだーー。を連発していました。

お家で作ってうまくいかなかった作品についてもできる範囲で指導しています。



ブログ村のバナー、ご興味のあるカテゴリー一つで結構です。
一日一回クリックしていただけるとうれしいです053.gif↓↓↓↓↓
(ランキングに飛びます。)











教室への入会ご希望の方はメールにてお願いいたします。

atelier-k☆outlook.jp
↑の☆を@に変更して送信して下さい。
返信は通常3日以内にしております。返信がない場合は迷惑メールフォルダーをご確認の上、再度メールをいただくか、
ブログのコメント欄にお願いいたします。

ゆる~~~く更新中のインスタはこちら→

#千葉市洋裁教室 #パターンメーキング #洋裁 #洋裁教室  #洋裁教室アトリエK #アトリエK #型紙 #手作り





# by kaorunoatorie | 2024-03-19 11:23 | 洋裁 その他 | Comments(0)